• YOUTUBEはこちら
    クリックしてください
  • FACEBOOK

  • 記事の更新通知を受け取る



  • likebox

    健康・美容に!!お水を飲む時の4つのポイント   

    2016年11月30日

    あなたは今日「」を飲みましたか?

    水「-4

    お水って飲みにくい、おいしくない、太るしむくむ・・・

    そんな声が聞こえてきそうですね!

    お水ダイエットと呼ばれるものがあるように

    お水って身近で手軽で身体にすご-くGOODな飲み物なんですよ!

    健康や美容にいいお水、身体にチャ-ジしましょう♪

     

    飲むお水の種類

     お水-3

     ・身体にいいお水、特にこだわりがなければ 

     一番手軽で身近にある水道水でもオッケ-。

     ・どうせ飲むなら美味しさや効果を追究したい!!

     と言う方はミネラルウォ-タ-や水素水など

     費用と購入の手間はかかりますがオススメです。

     ・自分の飲みたいお水・好きなお水を飲んでくださいね。

    飲むタイミング

     一気にガブ飲み、ではなく「こまめに」が理想。

     でも、ちまちま飲んでられない!という方は下記を参考に

     タイミングをみて飲んでみては?

     ・起床時

      朝起床時

      朝起きたら、飲みましょう。睡眠時も水分は失われています。

      身体は水分を欲しがっています。意識して飲みましょう。

     ・運動の前後、運動中

      ジョギング

      身体を動かせば汗をかき、呼吸が増えるので水分が失われます。

      運動した後は喉が渇いていますよね?

      喉が渇いている=すでに水分不足の合図 なんです。

      なので運動前や運動中にも意識して取ることが大切です。

     ・空腹時

      空腹

      空腹時にコップ一杯のお水をとると空腹感が和らぎます。

      一口のおやつを一杯のお水に変えるだけでダイエットにも

      身体にもいい事づくめ!!

     ・食事30分前まで

      食前

      食事の暴食を抑えられます。

      30分前と言うのは消化する際の胃酸などを薄めないためです。

     ・休憩時

      休憩

      いつものおやつに甘いコ-ヒ-やジュ-スをやめてお水に、

      が理想ですがせっかくの楽しい時間。

      おやつ前にコップ一杯のお水、習慣づけましょう!!

     ・お風呂の前後

      お風呂 

      入浴時も実感ないですが大量の汗をかいています。

      運動前後・運動中と同じように入浴前後に飲みましょう。

      長時間のお風呂なら、入浴中も補給できるように

      ペットボトルを持ち込むなど工夫をしましょう!!

     ・寝る前

      睡眠

      就寝中も汗をたくさんかいています。

      水分が不足する前に補給をしておきましょう。

      飲みすぎると夜中にトイレに行きたくなったり

      むくみにつながったりすることもあるので

      自分の身体に合った適量を見つけてみるのもいいでしょう。

    飲むお水の量

      お水-2

      ・一般的には1日2Lといわれておりますが、

      体重×0.3、もしくは体重×0.4ぐらいがおすすめされています。

      60キロの方なら1.8Lから2.4Lですね。

      ・厚労省後援の健康のため水を飲もう推進委員会では

      人は1日に2.5L水が必要といっています。

      と言うのは、排泄される量が2.5Lだからだそうです。

      食事からとる水分、体内で生成される水分は約1.3L、

      残りの1.2Lを飲み水から補給しようとうたっています。

      ・たくさん飲んだほうがいいということはありません。

      自発的脱水症状や水中毒、ナトリウム血症など

      飲み過ぎによる弊害もあるので2L以上と決めつけず

      自分の生活習慣に合った量を知ることも大切です。

    飲む温度

      温度

      ・飲むなら少しでも美味しく飲みたいですね。

      美味しく飲むために大事な事は温度。 

      冷たい方がおいしいと思われがちですが

      冷たいとおいしいという感覚が鈍ります。

      一般的には5℃から12℃が心地よい

      と感じる方が多いようです。

     

    いかがでしたか?

    お水を飲むのも工夫次第で

    身体にス-っと吸収されるんです。

    ダイエットに効果的なのはもちろん、

    様々な研究で頭痛の緩和など

    医学的な病気に対する予防に

    お水の効果は高く評価されています。

     

    まずはコップ一杯、身体にチャ-ジ!!

     

    エステダイエット痩身専門サロン 美骨ファクトリ-は、こちらをクリックしてください⇓
    美骨ファクトリー様ロゴ_透過

    〒612-8082
    京都府京都市伏見区両替町9丁目254-2 北川コンサイスビル103号

    TEL  075-634-7041

    エステダイエット痩身専門サロン 美骨ファクトリ-

    http://www.kyotodiet.com/ 

    エステダイエット痩身ブログは、こちら⇓
    http://aobaseikotsuin.net/blog/

    美骨ファクトリーLINE@は、こちらをクリック⇓
    友だち追加数

     


    秋の味覚「柿の葉」の活用すべき点 3ポイント  美骨ファクトリ-

    2016年10月20日

    秋にたくさん出回る 「柿」 

    甘くて柔らかくておいしいですね。

    「柿が赤くなれば医者は青くなる」 と言われるほど

    柿は栄養価の高い果物なんですよ。

    柿には豊富なビタミンCが含まれており果物の中では

    レモンに次いでトップクラスに君臨しているんです!!

    その他ビタミンK・B2・カロチン・ミネラル・タンニン・・・

    たくさんの栄養素が含まれています。

    今回は 「実」 以上に抜群な効果のある 

    「柿の葉」について案内します!!

    柿2

    柿の葉はお茶にするのが一番。

    ①柿の葉茶は緑茶の約20倍

     レモンの約10〜20倍というビタミンCの宝庫!

     正確にいうと、ビタミンCではなく「プロビタミンC」というもので、

     体内でビタミンCに変わります。

     ビタミンCは熱に弱く壊れてしまいますが、

     プロビタミンCは熱を加えても壊れないので、

     お茶で飲んでもビタミンCがしっかり摂れる優れものなんです。

     まだまだありますよ~、

    ②柿の葉茶にはタンニンが豊富に含まれています。

     このタンニン、なんと余分な脂肪を分解してくれる働きがあるのです!!

     また、タンニンの血流を良くする働きにより、基礎代謝がアップ!!

     ダイエットは、基礎代謝を上げることが大事なので、

     柿の葉茶を摂取すると基礎代謝を上げることができ

     ダイエットをサポ-トしてくれますよ。

     まだまだ!

     そしてこのタンニン、脂肪を分解する作用だけではなく、こんな効果も。

      1-強い抗酸化作用があり老化の原因となる

       活性酸素を除去してくれる。

       (アンチエイジング

      2- 悪玉コレステロールを減らす効果があり、

       血液をサラサラにし動脈硬化を改善・防止する。

       (成人病予防

      3-二日酔いの原因であるアセトアルデヒドと結合しやすく、

       体外に排出することで二日酔いにも効果がある。

       (デトックス効果

    ④また柿の葉茶は高い栄養価があるので、

     ダイエット中の飲み物としても最適、

     ダイエット中の栄養不足も解消してくれる優れもの。

     でも摂りすぎるのは厳禁。

     便秘気味や貧血気味のかたは注意してください。

     タンニンの効果がすごいので一日1杯から2杯まで。

     

     今が旬の「柿」。 実だけでなく葉も活用してみましょう!!

    エステダイエット痩身専門サロン 美骨ファクトリ-は、こちらをクリックしてください⇓
    美骨ファクトリー様ロゴ_透過

    〒612-8082
    京都府京都市伏見区両替町9丁目254-2 北川コンサイスビル103号

    TEL  075-634-7041

    エステダイエット痩身専門サロン 美骨ファクトリ-

    http://www.kyotodiet.com/ 

    エステダイエット痩身ブログは、こちら⇓
    http://aobaseikotsuin.net/blog/

    美骨ファクトリーLINE@は、こちらをクリック⇓
    友だち追加数

     

     


    PAGE TOP
    Copyright(c) . All Rights Reserved.