• YOUTUBEはこちら
    クリックしてください
  • FACEBOOK

  • 記事の更新通知を受け取る



  • likebox

    プチ京都気分(#^.^#) 祇園祭編 鶏鉾と北観音山。

    2014年7月10日

    本日の勝手気ままに紹介するのは、京都のお祭り「祇園祭」です。  :-o

    写真は、鶏鉾(にわとりほこ)です。

    名前の由来は、鉾頭の三角形の中の円形は鶏卵が諫鼓(かんこ)の中にある意味で、鶏鉾の名の象徴となっているともいわれるが、詳細は不明です。

    鶏鉾鶏鉾

     前かけのペルシャ絨毯(じゅうたん)、胴かけの草花文様インド絨毯は、近年復元新調されて用いる。見送は有名な毛綴(けつづれ)で、近年の調査によるとトロイの皇子ヘクトールが妻子に別れを告げる図であるという。この見送は、十六世紀頃ベルギーで製作、江戸時代初期に輸入されたものと考えられ、国の重要文化財に指定されています。

    鶏鉾

     鉾たての様子です。

    鶏鉾

     場所は、室町通四条下ル鶏鉾町です。

    写真は、 北観音山です。

    懸装品は名品揃いで、欄縁金具細工には注目してください。

    見送「赤池百子喜遊図」綴錦は、長くチベットの寺院に眠っていた神秘の優品です

    北観音山北観音山

    撮影 2014年7月

    場所は、新町通六角下ル六角町です。

    プチ京都分になっていただけましたか?  ;-)  

     

    京都の空の下から勝手気ままにいいとこ紹介倶楽部は、こちら⇓

    http://aobaseikotsuin.net/blog/

     

    交通事故でお困りの方は、こちら⇓

    http//www.aobaseikotsuin.com/

     

     腰痛・ぎっくり腰・肩こり・捻挫・スポーツ障害などで お困りの方は、こちら⇓

    http://www7.ocn.ne.jp/~aoba.com/


    プチ京都気分(#^.^#) 祇園祭編 菊水鉾と郭巨山

    2014年7月7日

    本日の勝手気ままに紹介するのは、京都のお祭り「祇園祭」です。  :-o

    写真は、菊水鉾(きくすいぼこ)です。

    町内に古くよりあった菊水井が名前の由来です。

     元治元年(一八六五)の大火で焼失したが、昭和二十七年、八十八年ぶりに再興しました。

    鉾頭には金色透かし彫十六弁菊花を付け、真木の中ほどの「天王座」には彭祖(ほうそ)像(中国古代の伝説上の長寿者)を祀れています。

     

    菊水鉾菊水鉾

    稚児人形は菊の露長寿を保ったという菊慈童で能装束の舞姿です。

    唐破風造りの屋根は菊水鉾だけで珍しい形です。

     菊水鉾

     鉾建ての時期に遭遇した時は、車輪の大きさに注目

     菊水鉾菊水鉾

     写真は、郭巨山(かっきょやま)です。

     かっきょ山

    御神体郭巨の傍らに金の釜を据えているのは、親子が共に暮らせる財宝を掘り当てた故事に因んで。

    欄縁の下の乳かくし、日覆障子はこの山だけの特徴です。

     

    プチ京都分になっていただけましたか?  ;-)

     

    京都の空の下から勝手気ままにいいとこ紹介倶楽部は、こちら⇓

    http://aobaseikotsuin.net/blog/

     

    交通事故でお困りの方は、こちら⇓

    http//www.aobaseikotsuin.com/

     

     腰痛・ぎっくり腰・肩こり・捻挫・スポーツ障害などで お困りの方は、こちら⇓

    http://www7.ocn.ne.jp/~aoba.com/


    PAGE TOP
    Copyright(c) . All Rights Reserved.